サーフィン

【サーフィン初心者必見】なぜローカルサーファーを尊重しないといけないのか。

スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

初心者サーファーのみなさん!サーフィンを楽しむためには、色々な知っておいた方が良いであろう暗黙のルールがありますが、その中の1つとしてローカルサーファー(地元民)を尊重することが挙げられます。
これは、世界中どこにいってもある文化です。

他のスポーツでは、縄張り意識みたいなものはありませんが、サーフィンは、特殊です。

海なんて誰のものでもないのにローカルサーファーを尊重なんてなんでしないとダメなの?

ローカルサーファーに理不尽な注意などされたことある人は、ほとんどの人は、不満に思うことでしょう。

海の中だけでしか、粋がれないくせに!

取引先の会社だったら影響あるぞ?

こんな風に思うのは仕方がありません。

サーフィンほど初心者に優しくないスポーツは、ないかなと思います。

理不尽なことを言われたり、嫌味を言うサーファーは、人として最低ですが、それは、おそらく一部の老害に違いありません。

本当のローカルサーファーの方は、尊重に値することをしてくれていると思っています。

今回の記事では、ローカルサーファーは、なぜ尊重しないといけないのか

について解説していきたいと思います。

  • ローカルサーファーとは
  • ローカルサーファを尊重しないといけない理由
  • ローカルサーファーを見分ける手段
スポンサーリンク

ローカルサーファーとは

その特定の、ビーチやスポットをメインのサーフポイントとする地元のサーファーの事です。
その地に移住してきたサーファーやビジターサーファーでも同じポイントに通いつめれば、ローカルサーファーと同じ扱いをされたりすることもあるようです。

正直ローカルサーファーの定義なんて曖昧なものです。

サーフィンは、がっちり決められた公式ルールは、ありませんが、みんなが楽しくサーフィンをするために暗黙のルールがなんとなくあり、これはしてはいけない行為というものがあります。

初心者サーファーの人は、「ローカルサーファーは怖い」といったイメージは、みなさんお持ちでしょう。

僕も実際に、何度か注意されてテンション下がったことがあります。

「初心者は、初心者らしくインサイドで練習しろ!」みたいなこと言われたことあります。

正直イラっとしますよね(笑)何様やねん!誰にでも初心者に時期はあるはずなのにあの頃の気持ちを忘れたのでしょうかね(笑)

実際に「俺はローカルサーファーだぞ!」みたいな雰囲気を出している人がおり、威圧的な態度をとる人も一部いますのでご注意ください。

なるべく平和にサーフィンしたいですよね。

楽しむために海に来ているんですから(笑)

そのためには、とりあえずニコニコして挨拶しておきましょう。

事前にコミュニケーションをとっておくと何も言われないことがありますので。。

ローカルとかめんどくさい!関わりたくないという人!

どうしてもローカルと関わりたくない方がいましたら、対処法は、ローカルがいない海にはいることです。

そういった海は、相当混雑しているスポットか、波がよくないスポットのどちらかである可能性が高いので、いい波が割れるスポットでサーフィンをしたいならローカルとうまくやっていくしかないということです。

ローカルサーファーを見分ける手段

ローカルサーファーを見分けるポイントは

  • 地元ナンバー
  • 単純によく見る
  • 沖で仲良さげに会話している
  • ローカルは、ローカル同士で集まりがち

これらの指標をいくつか満たしているとよりローカルサーファー率が高くなるんじゃないでしょうか。

ただ、初めていくポイントで見分けるのはかなり難しいと思います。

ウエットスーツの背中に「私はローカルです。」って書いといてほしい!冗談です(笑)

ローカルサーファを尊重しないといけない理由

ローカルサーファーの役割

ローカルサーファーは、ビジターサーファーが知らないところで、地域との仲介役を担っているのです。

例えば、

  • ビジターサーファーが指定区域以外に駐車した際のクレームを受け対処
  • 駐車場でのゴミのポイ捨て、早朝の騒音に対して注意したり
  • ビーチクリーンを主催してビーチを常に綺麗に保つ活動

ローカルオンリーのスポットが存在するのも、迷惑だけかけて帰っていくビジターサーファーがいるから「ルール(知らない)守れないならそもそも来るな」ということでしょうね。

どこの海でそうかと言えば違いますが、ローカルがいることにより秩序が保たれていることもあります。無法者ばかりの海ではルールもなく、皆が楽しめなくなってしまいます。

地元民に迷惑をかけないために

海の中での暗黙のルールは、世界中どこの海でも同じですが、駐車場は、正直ネットで調べてもわからないこともあるために、他のサーファーにどこに止めてよいか確認しましょう。

勝手に判断して駐車すると、地元の方に迷惑になり、結果的にサーフスポットの駐車場が閉鎖なんてことよくありますので、注意しましょう。

スポンサーリンク
管理人
jacob

サイト運営者のjacobと申します。
当ブログでは、仮想通貨で小遣い稼ぎをしていくことをテーマに発信しています。この最先端の世界観を一緒に楽しんでいきましょう。
WJNCライター&X2EDAOライター

jacobをフォローする
jacoblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました