CryptoNFT

これだけ見ればできる!NFTをOpenSeaに出品するまでのロードマップ

スポンサーリンク
こんな人におすすめな記事
  • 仮想通貨を触ったことがないがNFTに興味がある
  • NFTの出品が難しそう
  • 絵を書く技術があり、NFTアートを作ることに興味がある

みなさんこんにちは!

NFT(Non-Fangible-Token:非代替トークン)は一般的に、コピーできないデジタル所有証明書と言われています。これまでは、ネット上の画像は簡単にコピーすることができたため価値をもつことはありませんでしたが、アートなどをNFT化することによって唯一無二に存在にすることができます。

ところでNFTアートで一瞬で億万長者になった12歳を知っていますか?

NFTの世界は、ぶっとんでいて数日で人生もかわることがあるようなお金が動く世界です。

数時間で1億8000万円とは規模がやばいですね。

こういった夢のあるニュースを見て

NFTアートを始めてみたいけどなんだか仮想通貨が関わってくるみたいだし難しそう。。

こんな風に悩んではいませんか?

ゼロから始めるあなたでも必ずNFT出品まで到達できるよう事を約束します。

この記事を読むことで仮想通貨を準備するところから出品までの流れを網羅することができます。

今回の記事では、

  • OpenSea(オープンシー)とは
    • OpenSea(オープンシー)でできること
    • NFTマーケットプライスの比較一覧
  • OpenSeaの特徴
    • OpenSeaで使えるブロックチェーン(重要)
    • ロイヤリティの素晴らしさ
    • イーサリアムORポリゴンどっちでNFTを出すべき?
  • OpenSeaでNFTを出品する準備
    • 国内仮想通貨取引所(コインチェック)の開設
    • 海外取引所(バイナンス)の開設
    • バイナンスでSWAPする方法
    • MetaMaskのインストール
    • Phantom Walletをインストール
  • OpenSeaへNFTを出品する
    • OpenSeaでコレクションの作
    • NFTの出品
  • OpenSeaのデメリット
  • NFTマーケティング戦略
    • TwitterでGiveaway企画

について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

OpenSea(オープンシー)とは

OpenSea NFT 画像

OpenSeaはNFTの販売を行っている最大手のマーケットプレイスで最も使われています。

NFTを始めて売買するならまずOpenSeaから使っておけば間違いないでしょう。

  • 月間20万人を超えるアクティブユーザー
  • 1日あたりの過去最大取引高となる2億6100万ドル
Opensea NFT販売

MAYCやBAYCなどが有名ですが世界的に有名なジャスティンビーバーも何千万円もするBAYCのNFTを購入されています。

OpenSea(オープンシー)でできること

  • 世界中のNFTを購入
  • 自分で作ったアートをNFTとして出品可能
  • スマホ版では閲覧のみ可能で出品・購入は不可

NFTマーケットプライスの比較一覧

プラットフォーム名取扱コンテンツ決済通貨日本円対応手数料対応ウォレット対応ネットワーク
CoincheckNFT(β版)ゲームアセット
トレーディングカード
イーサリアム
ビットコイン 他
【計15通貨】
×販売手数料:10%
出庫手数料:0.01~0.16ETH
MetaMaskイーサリアム
AdambyGMOデジタルアートイーサリアム
クレジットカード
銀行振込
販売手数料:5%
決済手数料 :3%
(クレカ決済の場合)
振込手数料:300円
(日本円取引の場合)
MetaMaskイーサリアム
OpenSeaデジタルアート
ゲームアセット
トレーディングカード
デジタルミュージック
ブロックチェーンドメイン
ユーティリティトークン
イーサリアム
MATIC(Polygon)
Klaytn
Solana
×販売手数料:2.5%MetaMask
Torus
Portis
Phantom 他
イーサリアム
Polygon
Klaytn
テゾス
Solana
Raribleデジタルアート
ゲームアセット
フォトグラフ
デジタルミュージック
イーサリアム
WETH
FLOW
テゾス
×販売手数料:2.5%MetaMask
Torus Portis 
他  
イーサリアム
Flow
テゾス
SuperRareデジタルアートイーサリアム×販売手数料:3.0%
ギャラリー手数料:15%
MetaMask
Fortmatic
WalletConnect
イーサリアム
出典:https://www.fisco.co.jp/media/crypto/nftmarket-ranking/

NFTは、日本円に対応しているマーケットがほとんどないので仮想通貨での取引になります。

OpenSeaは、SolanaやPolygonチェーンが使えるのは初めて使う方に優しいマーケットであることが分かりますね。

OpenSeaに出品している著名人
  • 村上隆氏(ポップアーティスト)
  • せきぐちあいみ氏(VRクリエイター)
  • 西野亮廣氏(お笑い芸人/キングコング)

OpenSeaの特徴

OpenSeaで使えるブロックチェーン(重要)

OpenSeaでのNFTを売買する通貨は

  • ETH(イーサリアム)
  • Polygon(ポリゴン旧MATIC)
  • Solana(ソラナ)
  • Klaytn(クレイトン)

に対応しています。

NFTアートなどを出品する際にどの通貨を使うか自分で決めることができるんだ。

ガス代(手数料)取引処理速度人口オークション購入方法対応ウォレット
ETH高い遅い多い可能国内仮想通貨取引所MetaMask
Polygon安い早い少ない不可国内取引所でトークンを購入し、
海外取引所でスワップする
MetaMask
Solanaかなり安いかなり早いやや多い可能国内取引所でトークンを購入し、
海外取引所でスワップする

Liquid by FTXで購入
Phantom Wallet
主なブロックチェーンの特徴

メルカリは、手数料が高いですけど、ユーザーが多いので結果売れやすいみたいな感じですかね。

最近までは、初心者は、Polygon一択でしたけど、2022年になってからSolanaも使えるようになりました。

初めてNFTを始める人は、Polygonがおすすめです。

イーサリアムが一番主流ですが、取引手数料がなんせ高いのです。
とりあえずNFTを出品してみたいくらいの人にはお勧めしません。

ETH、Polygon、Solanaの準備方法をまとめてみたので下の図を参考にしてください。

ロイヤリティ素晴らしさ

Openseaでは、NFTが2次販売されたときにクリエイターに報酬が支払われます。

ロイヤリティは、0~10%で自分で決めることができます。

これは、いままでの世の中では考えられなかった制度でクリエイターの時代がやってくると言われています。

ロイヤリティ10%の場合

例えば、あなたが1万円のNFTアートを出品しAさんに購入される
AさんがBさんに2万円で転売した際にあなたにも2千円の報酬が入る

こんな感じです。だからクリエイターからするとドンドン転売されるとロイヤリティは支払われるし知名度もアップするのでいいことしかありません。すごくないですか?

イーサリアムorポリゴンどっちでNFTを出すべき?

tochi.ethさんの記事を参考にさせていただきましたが、

NFTアートで本気でお金を稼ぎたい
→ イーサリアム
世界のコレクターにアピールしたい
→ イーサリアム
とりあえずNFTを試しにやってみたい
→ ポリゴン
取引数がとにかく多い
→ ポリゴン

こんな感じです。初めてNFTを出品してこれから知名度を上げていきたい人はポリゴンで初期投資少なく初めて見るのがいいかもしれませんね。

いや!俺はそんなちまちませずに大きく稼ぐんだ!という人はイーサリアムで出してみてください。

国内取引所海外取引所ウォレット
ETHを使用する場合必要不要MetaMask
Polygonを使用する場合必要必要MetaMask
Solanaを使用する場合必要必要Phantom Wallet

OpenSeaでNFTを出品する準備

流れはこんな感じです。取引所の開設は数日かかるので早めにしておきましょう。

  • 国内仮想通貨取引所
  • 海外取引所の開設
  • MetaMask or Phantom walletのインストール

国内仮想通貨取引所の開設

目的
  • ビットコイン又はイーサリアムを購入するため

仮想通貨取引所は、たくさんありますが、コインチェック“>コインチェックビットフライヤーでいいと思います。

コインチェック

コインチェックでは、本人確認(口座開設)と日本円入金を行った方全員に2,500円相当のビットコイン(BTC)をプレゼントする「ビットコインあげちゃうキャンペーン」を開催しています。

他の取引所を使っているから必要ないという方も2500円GETできるので貰えるものは貰っておきましょう

  • 2022年4月22日 14:00〜2022年6月30日 23:59
  • 期間中にCoincheckアプリにてかんたん本人確認で口座開設
  • 口座開設してから72時間以内に入金完了

これらの条件を満たすとビットコイン2500円分が手に入ります。入金額は1円でも大丈夫です。

開設方法が知りたいという人は下記の記事を参考に進めてくださいね。

仮想通貨取引所Coincheckの特徴
  • 国内仮想通貨取引所アプリのダウンロード数No.1
  • セキュリティが強固(コールドウォレットとホットウォレットを使用)
  • 仮想通貨の取扱通貨数は17種類
  • スマホアプリがシンプルで直感的、初心者でも見やすい
  • すべての銘柄の価格をウィジェットで一覧確認できる
  • 取引所の手数料無料

国内で一番使用されている信頼できる仮想通貨取引所といえるでしょう。

マネックスグループは22日、暗号資産(仮想通貨)交換業を手がける子会社コインチェック(東京・渋谷)を米ナスダック市場に上場させると発表した。特別買収目的会社(SPAC)との統合を通じて2022年中に上場する計画で、実現すれば日本の仮想通貨交換業者では初となる。人材獲得や提携先を確保し、米欧など海外展開を視野に入れる。

引用:日本経済新聞 マネックスG、コインチェック上場へ 米国のSPACで

2022年中にナスダック市場にも上場することを決めています。

コインチェックでビットコインを購入する方法→ビットコインをイーサリアムに置き換えてください。

イーサリアムを購入するには、販売所で購入する必要があります。

ビットコイン取引量6年連続No.1のbitFlyerは、仮想通貨を触るうえで開設しておくべき取引所のひとつです。
※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

  • 暗号資産サービス初回利用率 国内 No.1
  • 暗号資産サービス利用経験率 国内 No.1
  • 暗号資産サービス現利用率 国内 No.1
  • 暗号資産サービス使いやすさ 国内 No.1
    ※暗号資産(仮想通貨)取引サービス利用者 20-59歳男女1,000人を対象に、インターネットによるアンケートを実施。 調査実施日は2021年6月11-14日。調査機関:(株)インテージ

海外取引所(バイナンス)の開設

目的
  • ビットコイン又はイーサリアムをPolygonなどに交換するため

海外取引所は、日本の取引所で取り扱っていない通貨(PolygonSolana)にSWAP(交換)するために必要です。
Polygonは、国内の取引所で購入することはできません。

ETHでNFTを出品をする際は、海外取引所の開設は必要ありません。

おすすめの取引所は、Binance(バイナンス)です。

招待コード(永久的に手数料が10%オフになる):414196809

ただ、バイナンスは、日本向けにサービスを提供しているにも関わらず日本での仮想通貨交換業の登録をしていない業者に対して、金融庁は厳しく対処しています。

以前に金融庁からバイナンスへ警告があり、一時的日本語表示が消えましたが、2020年から再度復活しています。

いまだに金融庁から許可が下りていない取引所なので急に利用できなくなるリスクはあります。

バイナンスでSWAP(交換)する方法

バイナンスで仮想通貨をスワップ(交換)する方法
  1. コインチェックからBTCをバイナンスへ送金
  2. BTCをPolygon(MATIC)へ交換
  3. MATICをメタマスクへ送金

Polygonの仮想通貨名は、MATIC(マティック)ですのでご注意ください。

BTCをMATICへSWAP

MetaMaskのインストール

目的

Openseaを利用するには仮想通貨ウォレットが必要

ETH、Polygonを使用する際に必要
カバーアート

イーサリアムに連動する金融サービス、ゲーム、NFT、DAppsを利用するには、Metamaskを利用しないと決済できません。

仮想通貨取引所で仮想通貨を購入し、Metamaskに送金することでNFTなどを購入することができるようになります。

  • Chromeの拡張機能
  • ホットウォレット(オンライン)

Phantom Wallet をインストール

PhantomWallet(ファントムウォレット)のロゴ
目的

Openseaを利用するには仮想通貨ウォレットが必要

Solanaを使う場合に必要

Solanaチェーンを使用するには、Solana対応のウォレット必要になってきます。

代表的なものPhantom(ファントム)があります。

ファントムウォレット|初期設定のやり方と入金・出金の使い方

OpenSeaへNFTを出品する

それでは、OpenseaにNFTを出品していきます

OpenSea公式 https://opensea.io/へアクセス

『Create』を選択。

仮想通貨ウォレットを接続

MetaMask(ETH、Polygonを使う場合)を選択。
(Solanaチェーンを使う場合は、Phantomを選択。)

MetaMaskのパスワードを選択します。

署名を押します。これでMetaMaskとの接続は完了です。

OpenSeaでコレクションを作る

NFTを出品するにはまずコレクションを作る必要があります。

My Collectionsを選択

あなたのNFTコレクションを新しく作成します。

NFTの作成 コレクションを作成

『Create a collection』

必須入力以外は空欄でも大丈夫です。

NFTの作成 コレクション
NFTの作成 コレクション

ロゴは、あなたのコレクションの顔になります。GIFも使用可能です。

  • Logo image
  • Featured image
  • Banner image
  • Name あなたのコレクションの名前 重複不可
  • URL コレクションのURL 重複不可
  • Description コレクションの説明文
  • Category 該当するカテゴリから選択
    • Art
    • Trading Cards
    • Collectibles
    • Sports
    • Utility
NFTの作成
  • Links あなたのSNSなどのリンクを貼ります。
  • Creater Earnings(Royalties)は、NFTを買ってくれたユーザーが再販売(二次販売)した時に徴収できる報酬のパーセンテージを設定できます。最大10%です。
  • Your payout wallet address 報酬が支払われるアドレス
  • BlockchainあなたのNFTを販売するブロックチェーンを選択します。デフォルトはETHです。 Polygon&Solanaですとほぼ手数料なしで出品できます。
  • Payment tokens あなたのNFTを購入する際にユーザーが支払う通貨を決めます。
    USDCを追加しておくといいでしょう。
NFTの作成 表示スタイル

Display theme コレクションの表示テーマを下記3種類から設定できます。

  • Padded…背景が透明なセットに推奨
  • Contained…1:1の比率ではないアセットに推奨
  • Covered…エッジまで拡張できるアセットに推奨
    Explicit&sensitive content 18歳以上のコンテンツの場合未成年に表示させない設定にできる

NFTを出品する

NFTを出品するにはまずアートをNFT化しないといけません。

コレクションが作れましたら右上の『Add item』押します。

NFTの作成
NFTの作成
  • Supply 発行する枚数を選択
  • Blockchain とりあえず初めての方は、Polygonでいいかと
NFTの作成

これでNFT化完了です。あなたのコレクションを見るとがNFT化された画像が追加されています。

続いて出品です。

NFTを出品 価格と期間

通貨がピンクなのはブロックチェーンがPolygonである証拠。

Polygonチェーンであれば、NFTの値段を手数料なしで変更可能です。

USDCかETHでどちらで支払うか決める事が可能で最初は、0.001ETHくらいの激安で出品してみましょう。
期間を決めたらListします。これで出品完了です。

OpenSeaのデメリット

  • OpenSeaに出品した商品は、必ずしも売れるというわけではありません。
  • 仮想通貨でしか決済できない
  • 英語にしか対応していない

当然ですが、出品すれば簡単に売れるというものではありません。

購入する方は、『NFTアートがかっこいいから』これだけでは購入する理由にはなりません。

英語は、chromeの日本語翻訳でなんとかなりますが、日本語のままではたまにサイトが止まるので逐一戻す必要があります、

NFTマーケティング戦略

NFTアートは、ただ売るだけでは誰もかってくれませんアートを持つことにどんなメリットがあるかを重要視しています。

  • 様々な特典
  • 世界的に注目され将来の値上がりの可能性
  • 他のNFTを優先的に買える権利の獲得

こういった将来のロードマップを消費者に提示してあげることで、

『このプロジェクトはおもしろそうだから投資してみようかな』

こんな風に思うわけです。

TwitterでGiveaway企画

自分のNFTを宣伝する方法にGiveaway企画をするという方法があります。

一番簡単に実行できるマーケティングはこれです。

これはTwitterでいいね&リツイート&フォロワーを獲得する代わりに抽選でNFTを配布する方法です。

手数料が激安で配布できるPolygonがやっぱりおすすめ!

まとめ

今回の記事では、

  • OpenSea(オープンシー)とは
    • OpenSea(オープンシー)でできること
    • NFTマーケットプライスの比較一覧
  • OpenSeaの特徴
    • OpenSeaで使えるブロックチェーン(重要)
    • ロイヤリティの素晴らしさ
    • イーサリアムORポリゴンどっちでNFTを出すべき?
  • OpenSeaでNFTを出品する準備
    • 国内仮想通貨取引所(コインチェック)の開設
    • 海外取引所(バイナンス)の開設
    • バイナンスでSWAPする方法
    • MetaMaskのインストール
    • Phantom Walletをインストール
  • OpenSeaへNFTを出品する
    • OpenSeaでコレクションの作
    • NFTの出品
  • OpenSeaのデメリット
  • NFTマーケティング戦略
    • TwitterでGiveaway企画

について解説してきました。

NFTを出品する作業は、すごく簡単じゃん!って思いませんでしたか?

1度触ってみれば2回目からは大体で出品できてしまうのでみなさんも触りながら慣れてみてください。では!

スポンサーリンク
管理人
jacob

サイト運営者のjacobと申します。
当ブログでは、仮想通貨で小遣い稼ぎをしていくことをテーマに発信しています。この最先端の世界観を一緒に楽しんでいきましょう。
WJNCライター&X2EDAOライター

jacobをフォローする
jacoblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました