【M2E】無料で始められるSweatCoinは怪しい?先行者利益を得るための使い方と稼ぎ方

  • URLをコピーしました!

みなさんこんにちは!

読者の悩み
  • STEPNは、初期費用がかかるから低リスクで稼げるM2E知りたい
Jacoblog

Sweatcoinは、無料で始めれるから今のうちに始めておくことをおすすめするよ!

STEPNなどMove To Earn(動いて稼ぐ)が流行っていますね。

今STEPNは、招待制ですし、価格も上昇しずぎてなかなか後乗りはしずらいですよね。

僕もその1人で機会を逃しました。

そこで、無料で始めれる次のSTEPNとしておすすめしたいのでSweatCoinです。

今回の記事では、

  • SweatCoinって怪しい?
  • SweatCoinは、2022年夏にSWCとしてローンチ予定
  • SweatCoinの始め方
  • SweatCoinを貯める方法

について解説していきたいと思います。

目次

SweatCoinって怪しい?

出典:https://sweateconomy.com/
シンケンさん

無料ほど怪しいものはないって聞いたことあるぞ!

怪しいアプリではありません。

4年前からあるアプリで、海外でのユーザーは6000万人を超えており、STEPNと同じくMove To Earn (動くこと)でコインを稼げることができるアプリです。
アプリ自体は、iOSとAndroid両方に対応しています。

SweatCoinの『Sweat』とは汗の事で、運動して汗を流してお金を稼ぎましょうということです。

  • 2022年4月時点で、Wallet開設数が147万を超えた。
  • STEPNは、GPSで取得しスニーカーにスピードを合わせないといけませんが、SweatCoinは、歩数でカウントするので貯めやすい

スポンサーもかなり手厚く期待されていることが分かります。

SWEATCOINでの稼ぎ方

現在は、ウォーキングやランニングの歩数でコインが貯まりますが、将来的には

  • サイクリング
  • 水泳
  • 機能的トレーニング

これらに対応してくる予定です。

SweatCoinは、2022年夏にSWCとしてローンチ予定

現在は、仮想通貨を稼げる訳ではありません。
2022年夏にSWEATという名のトークンが発行されますのでそこでやっと仮想通貨に換金することができます。

トークンが上場時点でのコインの枚数に応じてトークンが配布されるようです。
貯めているコインとの交換ではないそうです。

更にコインをステーキングして更に稼ぐようなDeFi機能も付加される予定です。

ローンチ日やどこの取引所で扱うのかは、まだ未定です。
ただ現金化するには、海外取引所と国内取引所の開設が必要になってくると思われます。

今のうちに解説しておいてすぐにSWCを売却する準備をしておくといいでしょう。

コインチェック

ビットコインやイーサリアムの価格が落ち着いている今、CoinCheckが大人気!

コインチェックの特徴

・多くの取引手数料が無料!

・国内でも種類豊富な18種類の仮想通貨が取引可能!

・ダウンロード数、国内No.1(※)のアプリは使いやすいと話題!

などなど。

※ 対象:国内の暗号資産取引アプリ、データ協力:AppTweak

必要な要素がしっかり揃っているCoinCheckが一番おすすめです!

出典:Binance

Binanceで口座開設

海外の取引所でもっとも使われているのは、Binanceで日本では取り扱っていない
600種類以上の草コインを売買することができます。

現金に戻すまでの流れ(予想)
  1. SWCを貯める
  2. Binanceなどの取引所でBTCへ交換
  3. BTCをコインチェックへ送金
  4. コインチェックでBTCを売却
  5. 銀行振り込み

おそらくこんな感じになるような気がします。

1SweatCoin=1SWEAT

おそらくですが、1SWEAT 5~10円くらいではないかと言われています。

現在貯めたコインは、アプリ内での換金にしか対応していません。

アマゾンギフトカード・ネットフリックスなどと交換できます。
過去には、iPhoneと交換することもできたとか?

将来的に稼ぐのがむずかしくなる

SweatCoinの供給量は無限なのでコインの価値を持たせるために、
現在1000歩で1SweatCoin稼げますが、2024年までには、2400歩で1SweatCoinになる予定です。

日に日に稼ぎづらくなっていくデフレ状態になると言われていますので今のうちに稼いでおくべきでしょう。

SweatCoinのメリット デメリット

メリット

  • 他のM2Eと違い無料で始めることができる
  • SWCコインの先行者利益に期待できる
  • 歩数でカウントなので貯まりやすい
  • スポンサーが手厚い
  • ランニングマシーンなど室内でも貯まる
  • 不正にコインを貯めれないシステムになっている
  • 運動促進で健康になれる
スポンサー

デメリット

  • 将来的には、2400歩で1SweatCoinになる予定
  • 商品と交換するのはかなり歩かないといけない

SweatCoinの始め方

招待コードのURLからアクセスしていただけると、5SWCゲットできますので是非ご利用ください。

こららからSweatCoinを始めることができます↓

SweatCoinを始める

sweatco.in/i/jacoblog

招待画面『Accept Invite』で始める

『Accept Invite』を選択しアプリをダウンロードします。

Appleでサインアップし、『モーションとフィットネスを許可』

『ヘルスケア』から情報を取得することを許可します。

プッシュ通知は好みで選択してください。僕は『いいえ。結構です』にしました。

これで準備完了です。

あとは、アプリを開いていなくても自動で歩数が反映されます。

SweatCoinプロフィールを変更しよう

Apple IDでログインした場合、プロフィールが本名設定なので変更しましょう

フォロー機能もあるのでランキング形式でも楽しめますよ!

SweatCoinを更に稼ぐ方法

1日1回ブースト機能を使う

1日に1回だけ20分間2倍稼げる『ブースト』機能を使いましょう。

これからランニングするタイミングでスタートしますと効率よく稼ぐことができますよ。

ウォーキングでやってみたのですが、4.13SWC稼ぐことができました。

今後実験的にやってみたいと思います。

広告を見て稼ぐ

広告を1分ほど見ることで稼ぐこともできます。

もらえるコインはランダムで、2.4でした。

広告表示でコインを貯める

有料会員になる

月額550円、年間2700円払えば、常に2倍ブースト状態でコインをためることができます。

お試しで7日間だけの無料トライアルができるので試してみてもいいかもしれません。

友達紹介で稼ぐ

友達を紹介することで5SWCプレゼントされます。

連絡先の紐づけも可能なので一斉送信も可能です。

SweatCoinをやってみた結果

まだ初めて2日ですが、1日10SweatCoinくらいはたまることがわかりました。

仕事から帰宅後も歩数が少ないと更にランニングやウォーキングするようになりました。

わかっていましたが、軽く実験しました。

  • 筋トレ
    • 腹筋 ×
    • 腕立て 〇
    • その場で足ふみするトレーニング〇
  • スマホを振る×
  • 自転車 ママチャリで普通に漕ぐ ○

こんな感じです。

まとめ

今回の記事では、

  • SweatCoinとは
  • SweatCoinは、2022年夏にSWCとしてローンチ予定
  • SweatCoinの始め方
  • SweatCoinを貯める方法

について解説してきました。

みなさんも、夏までに歩きまくってSweatCoinを貯めて夏の祭りを楽しみましょう。

夏にトークンが発行されますが、今後は現金化の方法なども発信出来たらなと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。では。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

X2E‐DAOのadmin/公認ブロガー/ブログコンテスト主催/CryptoNaviライターをさせていただいておりますジェイコです。
NFTに関するブログで発信していきます。
近い将来的には、DAOでブログ運営を開始します。
【MHS Opensea】https://opensea.io/ja/assets/ethereum/0x5b7a317a300699531ca4673473b84b6a7cbbc294/5032

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次